気になるときは人それぞれ

カップル

仕事と私生活は切り分ける

社内恋愛のきっかけは人それぞれです。毎日顔を合わせていく中でだんだんと気になることもありますし、残業やプロジェクトを一緒にすることで気になりだすこともあります。飲み会などの場で普段と違う姿を見て気になりだすこともあります。きっかけはそれこそ人それぞれで、過ごす時間が長い場所だからこそ様々なきっかけがありうるのです。ですがどのようなきっかけであっても、社内恋愛には一定のルールとマナーがあります。現在は社内恋愛を推奨する会社もありますが、仕事と恋愛はきっちりと分けるというものが基本的なマナーです。仕事をしながら気になる相手にアプローチしていくのはいけないことではないですが、仕事そっちのけで話していたり、仕事があまりに上の空になったりするのはよくありません。社内恋愛とはいえ、職場はあくまで仕事をするところです。職場内のアプローチは笑顔や挨拶といった基本的なことに留め、本格的なアプローチは仕事外の時間にするべきでしょう。仕事にプライベートを持ち込まないというのはアプローチの段階にとどまらず、社内恋愛に発展した後も、結婚したり別れてしまったりした後も同様です。結婚となったら人事への報告があるため周知するところになりますが、その前の段階でも過剰ないちゃいちゃや別れたときの気まずさを仕事に持ち込むのは避けなければなりません。周囲の人が仕事しにくいと思う状況にならないように注意しましょう。それが社会人としてのマナーです。

Copyright© 2017 結婚相談所選びのときには体験談をチェックしておこう All Rights Reserved.